ピアニスト・阪田知樹インタビュー 『ピアノ・リサイタル リストへの誘い』リストとの出会いや魅力、そして将来について訊く

2016年にブダペストで開催されたフランツ・リスト国際ピアノコンクールで第1位を獲得した阪田知樹が2019年2月11日に“地元”横浜(横浜みなとみらいホール)でオール・リスト・プログラムによるリサイタルをひらく。阪田は、現在、ドイツのハノーファー音楽演劇メディア大学大学院ピアノ科修士課程でアリエ・ヴァルディに師事している。

ーーまずは、リストとの出会いからお話ししていただけますか?

一番最初にリストの作品に取り組んだのは中学生のときでした。それまで弾いていたバッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、ショパンとは全然違う彼の語法に衝撃を受けたのを覚えています。率直に言って『僕は、これはあまりよく分からないな』と思いました。そして分からないと思ったがゆえに、リストのオーケストラ曲、歌曲、室内楽曲、ピアノ曲の楽譜や音源を買い集めて、ピアノで弾いて研究しました。そのうちに、彼の作品の魅力に惹かれ、彼の生涯を勉強したりもしました。そして気が付いたら“リスト・マニア”になっていたのです(笑)。リストの生前に出版された楽譜、1870年のピアノ協奏曲第1番のス……(中略)…… ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178  

パガニーニによる大練習曲 S.141より  

第3曲 嬰ト短調「ラ・カンパネッラ」  

ベートーヴェン/リスト:アデライーデ(第3稿)S.466  

ベッリーニ/リスト:歌劇「ノルマ」の回想 S.394

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース