「CD離れ」が始まったグラミー賞と、CDスルーする新世代アーティストに共通する音楽的背景

2019年2月に開催する「第61回グラミー賞」のノミネーションが発表され、すでに気の早いメディアではアワードの行方が話題になっている。

今回のグラミー賞では、前回にも増してヒップホップ・シーンの人気と影響力が見えてくる。

最大のノミネーションを記録したのは、8部門にノミネートされたケンドリック・ラマーだ。プロデューサーを務めた映画『ブラックパンサー』サウンドトラックでが最優秀アルバム賞や、「All The Stars」で最優秀楽曲賞にノミネートされた。

彼は2018年は7部門、2017年は2部門、2016年にはグラミー史上3番目に多い11部門でノミネートされているまさに2010年代ヒップホップを象徴する存在と言える。

次に多いのは、7部門でドレイク。6部門でシンガーソングライターのブランディ・カーライルと、ヒップホップ・プロデューサーでドレイクのOVO SoundのプロデューサーでもあるBoi-1daが続く。

毎年、米国で最も視聴率が高い音楽アワード番組と言われるグラミーだが、近年は視聴率で苦戦している。

Photo: Courtesy of the Recording Academy™/Getty Images © 2018

記事の全文を読む⇒(All Digital Music) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース