「8時だJ」オープニングはみんなで「Can do! Can go!」、昼には特番も放送決定

12月29日(土)にテレビ朝日系で放送される特番「テレビ朝日開局60周年記念『超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ』」のオープニングにて、出演メンバーが「Can do! Can go!」を歌唱することが明かされた。

「8時だJ」は1998年4月~1999年9月にかけて放送されたジャニーズJr.のバラエティ番組。滝沢秀明の芸能活動引退を前にオンエアされる特番には滝沢をはじめ嵐、関ジャニ∞、山下智久、生田斗真、風間俊介、長谷川純、今井翼といった「8時だJ」メンバーが集結する。

「Can do! Can go!」は1998年にV6が発表した楽曲で、「8時だJ」のオープニングで数多く披露されてきた。今回の収録でメンバーは滝沢をセンターに迎え、およそ20年ぶりにこの曲を熱唱。パフォーマンスを終えると「懐かしいね」「ひさしぶりだね」と互いに語り合った。そんな中、山下は「やっぱり緊張しますね。当時の感覚を思い出してしまって……」と回想。生田はほかのメンバーに「斗真が一番張り切ってた!」「振り付けにめっちゃ厳しかった」「嵐にダメ出ししてたよな!」と当時の張り切りぶり……(中略)…… /a>の提案で、番組スタート時の恒例だった“Jポーズ”も披露。オープニングから貴重なシーン満載となった。

さらに放送日の昼には「8時だJ放送直前!徹底予習SP!!」と銘打たれた特番がオンエアされることも決定。こちらでは当時の映像のほか、この特番のために撮り下ろされた映像が用意される予定だ。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース