Nike、自動紐締めスニーカーの低価格版を来年発売へ

流行に敏感な人と怠け者にはグッドニュースだ——Nikeが自動紐締めスニーカーを再び販売する。そして今度はずっと安い。とはいえ350ドルはほとんどの人が靴一足に払うよりも大金だが、前モデルの希望小売価格720ドルの半分以下だ。

詳細はほとんどわかっていない。CEO Mark Parkerは決算会見の中でこのニュースに触れ、「新年にわれわれはバスケットボール用アダプティブ・パフォーマンス・プラットフォームを350ドルの価格で発売する。これは完璧なフィットを追求したスマートシューズで、当社が製品のデジタル変革を進めるうえでの大きな一歩だ」

新製品がオリジナルのHyperAdaptとどう違うのか、まだわからない。それでもNikeは、価格を下げることは明確な目標であり、単なる新奇な製品から脱皮しようとしている。2016年私がテストしたとき、幹部の一人は「これはコンセプトカー」だと言った。2019年にはいよいよフル生産の準備が整うのかもしれない。それでも、350ドルは大衆向けの価格帯ではないが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティー・マクフライの長年叶わなか……(中略)…… " rel="noopener noreferrer">facebook )

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース