フレディ・マーキュリーはカラオケ歌わず 二丁目ママが思い出語る

「きっとこの店を気に入ってくれたんじゃないかしら!?」。そう弾むような声で、本誌・女性セブンの直撃に答えたのは、世界有数のゲイタウンで知られる東京・新宿二丁目にあるバー『九州男(くすお)』のママ・増田逸男さん(71才)。そこにはバンド「クイーン」のボーカリスト、故フレディ・マーキュリーが何度も足を運んだという。

 累計観客動員数が390万人を越え、興行収入は53億円を突破(2018年12月18日現在)。フレディの送った壮絶な人生が描かれた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の勢いが止まらない。当時を知る世代もそうでない若者も、困難にぶち当たっても決して自分を曲げず、信念を貫き通すフレディの激しい生き様に酔いしれている。しかし、増田さんは、そんなフレディ像に違和感を覚えるという。

「映画ではわがままな面が目立つけど、実際はとても紳士な人だったわ。私、15才から欠かさず日記をつけているの。彼とのことは昨日のように覚えてる」

 フレディが初めて『九州男』に来たのは1985年5月。伝説の音楽イベント『ライヴ・エイド』直前のことだった。

「第一印象……(中略)…… も知らなかったけど、“誰も自分のことを知らない世界に行きたい”って言っていた彼は、特別扱いをしないこの『九州男』を、かえって気に入ってくれたのかもしれないわね」

 映画では語られない一場面がそこにはあった。

※女性セブン2019年1月3・10日号

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース