ジェネシア・ベンチャーズがシード・アーリーに特化した80億円規模の2号ファンド組成へ

左からPortfolio Manager水谷航己氏、Relationship Manager吉田愛氏、General Partner鈴木隆宏氏、General Partner田島聡一氏、Principal河野優人氏、Associate一戸将未氏

創業者でジェネラル・パートナーの田島聡一氏率いるジェネシア・ベンチャーズは12月23日、2号ファンドとなる「Genesia Venture Fund 2 号投資事業有限責任組合」(以下2号ファンド)のファーストクローズを行い、総額約45億円規模で同ファンドを設立したことを発表した。

なお同ファンドは2019年9月末をメドにファイナルクローズを行う予定だ。最終的なファンド総額は80億円程度を予定している。

2号ファンドの主なLPは以下の通りだ。

みずほ銀行 みずほキャピタル TFHD Open Innovation Program 丸井グループ ミクシィ JA三井リース

主な投資対象事業領域は大きく分けて3つ。まずは「リアルとITの融合……(中略)…… 務所をすでに準備中であり、鈴木氏の参画により、東南アジア全域へ投資エリアを拡大、グローバル・スタートアップを目指す日本人起業家へのサポートもより充実させていく。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース