新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」で披露 新作『火の鳥』でさらなるステップへ~木下嘉人、福岡雄大、井澤駿に聞く


新国立劇場バレエ団(以下新国)、新年最初の公演は「ニューイヤー・バレエ」だ。今回の公演はミハイル・フォーキンの2作品『レ・シルフィード』『ペトルーシュカ』に、中村恩恵振付の新作『火の鳥』を上演する。同バレエ団はフォーキンの『火の鳥』もレパートリーとしているが、今作は2017年『ベートーヴェン・ソナタ』に次ぐ、中村との"コラボレーション"だ。男性ダンサーが中心で、女性ダンサーは娘役ただ1人という中村版『火の鳥』の構成は、女性が中心、男性は詩人役1人だけという『レ・シルフィード』の対極にもあるようで、これも興味深い。今回は『火の鳥』に出演する火の鳥役の木下嘉人、リーダー役の福岡雄大、王子役の井澤駿に話を聞いた。

『ベートーヴェン・ソナタ』 撮影:鹿摩隆司

■「アリス」でダンサーたちみんながレベルアップ

――まずは大成功に終わった開幕公演『不思議の国のアリス』(以下「アリス」)の感想からお願いします。

福岡 無事に終わってホッとしています。2キャストだけだったので、特にアリス役の女性2人(小野絢子、米……(中略)…… 】福岡雄大 【王子 Prince】井澤駿 

<ペトルーシュカ> ■音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー ■台本:イーゴリ・ストラヴィンスキー/アレクサンドル・ブノワ ■振付:ミハイル・フォーキン ■キャスト: 【ペトルーシュカ】奥村康祐 【バレリーナ】池田理沙子 【ムーア人】中家正博 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース