及川浩治が語る、ピアノ・リサイタル『名曲の花束』~「花束はいろいろな花の組み合わせ」

及川浩治が、好評を博した2018年に引き続き、2019年もピアノ・リサイタル『名曲の花束』を開催する。来年2月23日のサントリーホールでのリサイタルを控えた及川に話をきいた。

ーー「名曲の花束」というタイトルの意味するところを教えていただけますか?

僕が素敵だと思う名曲、いろいろなメディアから耳に入って来る名曲、そういうものを聴いてもらいたいと思っています。愛好家は自分で曲を選んでCDやコンサートで聴くことができますが、そういう人だけではなく、いろんな人に名曲を知ってもらいたいと思うし、知ってもらうことが僕の喜びでもあります。“花束”は、花、花、花ではなく、いろいろな花の組み合わせです。一輪の花が束になって全体になると一層素晴らしくなる。1曲1曲でも素晴らしいが全体としてひとつのものに聴こえる、そういうコンサートにしたいと思い、『名曲の花束』と名付けました。リストが始めたリサイタルの原点でもある、ピアノだけのガラ・コンサートのようなイメージです。

及川浩治

ーープログラムについて説明していただ……(中略)……

ショパン:スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31 

リスト:愛の夢 第3番 

ストラヴィンスキー:ペトルーシュカからの3楽章 

第1楽章:「ロシアの踊り」 

第2楽章:「ペトルーシュカの部屋」 

第3楽章:「謝肉祭の日」

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース