不正アクセスによりマーケ支援「ferret One」などから約40万件の顧客情報流出か

「ferret」や「ferret One」などのマーケティング支援ツールを提供するベーシックは12月20日、同社が利用するクラウドサービス「AWS」に対して不正アクセスがあり、第三者に顧客登録情報など計40万件ほどが流出した可能性があると発表した。

流出した可能性がある情報の詳細は以下の通り。

ベーシックはferretやferret OneなどのWebマーケティング支援サービスを提供する企業。同社については、Webページ作成サービスの「OnePage」のリリース時、簡易CRM付きフォーム作成ツールの「formrun」の買収時などにTechCrunch Japanでも紹介してきた。

ベーシックが利用するAWSへ不正アクセスがあったのは2018年9月26日のこと。同社は当該クラウドにバックアップ用の顧客情報が入ったファイルを格納しており、不正アクセスをした第三者がそれを閲覧できる状況にあった。

一方、ベーシックが不正アクセスを検知したのは2018年12月6日のことだ。同社はクラウドサービス内に不正なサーバーが構……(中略)…… スから発覚まで約3ヶ月間を要した原因については、「S3の監視体制、アクセスキーのポリシー設定に問題があったと考えております。どちらも、設定を強化して再発防止に努めております」としている。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース