画家・浅野忠信、自分自身が何者かは「僕が決めることではない」 #jwave #ラジド #浅野忠信

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。12月15日(土)のオンエアでは、俳優・浅野忠信さんの画家としての活動に注目しました。

■画家・浅野忠信

2018年は4本の映画に出演し、俳優業でも変わらず活躍中の浅野さん。また、画家としても活動しており、画集『蛇口の水が止まらない』(HeHe)も発売されました。さらに現在、作品展「TADANOBU ASANO 3634 浅野忠信展」がワタリウム美術館で開催中です。

展覧会のタイトルにもなっている「3634」という数字は、浅野さんが5年間に描き溜めた作品数。これまでInstagramなどでも公開された細いペンで描かれた作品です。絵を描きはじめたきっかけを訊きました。

浅野:物心ついたときですかね。うちの兄とふたりで落書きをはじめたというのがきっかけで、それが当たり前になっていたんですよね。それが今も続いているというだけの話。自由に描いてきたんですけど、絵……(中略)…… 時:毎週土曜 8時−12時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース