IoT/M2M関連ソリューション提供のアプトポッドが8億調達

自動車産業をはじめとするさまざまな産業に向けIoT/M2M関連ソリューションを提供するアプトポッドは12月20日、シリーズBラウンドで総額約8億円の第三者割当増資による資金調達を実施したと発表。引受先は鴻海ベンチャー投資のパートナーである2020、未来創生2号ファンド、そしてSUBARU-SBI Innovation Fund。

2006年に設立され産業IoTミドルウェア/サービス製品を開発・提供しているアプトボットは2017年2月に実施したシリーズAの資金調達以降、大型案件やグローバル展開へ向けた人材採用の強化、製品機能の拡充、そして革新的な産業 IoT の実現に向けた新たな研究開発に注力してきた。

2018年、同社は1月に動車産業における研究開発向けクラウドサービスパッケージ「Visual M2M Automotive Pro」、そして5月に産業IoTミドルウェア「intdash」ならびに時系列データの可視化・ 解析を支援するWebアプリケーション「Visual M2M」を正式リリース。

同じく2018……(中略)…… %e9%96%a2%e9%80%a3%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%8f%90%e4%be%9b%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%8c8%e5%84%84%e8%aa%bf/" target="_blank">記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース