株式評価損14.4億円、メルカリがロンドン子会社を精算

Mercari Europeのウェブサイト

メルカリは12月18日に開催された取締役会において、英国子会社のMercari EuropeとMerpayを解散し清算することを決議した。解散の理由としては、「期待する水準の事業の確立には至らなかったため」とのこと。なお、赤字が続いている米国を含むグローバル市場においては、マーケットプレイス関連事業の拡大に取り組んでいくという。

Mercari Europeは英国ロンドンを拠点として2015年11月に設立。2016年9月期に約4900万円(34万4000ポンド)、2017年6月期には約5億(354万7000ポンド)、2018年6月期には約10億(730万8000ポンド)と経常損失額が増加していたことから、今回の決定に至ったようだ。売り上げは2016年と2017年は計上されておらず、2018年6月期で約42万円(3000ポンド)だった。売上が極端に少ないのは、ユーザーからまだ手数料を取っていなかったことが理由だ(2018年12月18日18時15分追記)。

……(中略)…… er">米国展開とメルペイに注力——上場後のメルカリの今、そしてこれから

メルカリは今回、ロンドン子会社2社の解散を発表したが、同社のチャレンジはこれからも続いていくだろう。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース