百田夏菜子、来春ドラマで土屋太鳳と70年代の名曲歌う

2019年春に放送される読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」に百田夏菜子(ももいろクローバーZ)が出演する。

このドラマは1970年代に放送されていた読売テレビ制作のオーディション番組「全日本歌謡選手権」をモチーフにしたもので、主演を土屋太鳳が務める。土屋は歌手になる夢を抱きながらもその夢を諦めかけている主人公・小沢翼を演じ、百田は小沢と一緒に歌手を目指す大空つばさ役で出演。ドラマでは、2人が70年代の名曲を歌うシーンなどが描かれる。百田は土屋との共演について「土屋太鳳さんとは同い年で、普段は違う場所で活躍されている方とこういう形でご一緒できるのがすごくうれしいです。ドラマで歌の楽しさとか素晴らしさを、自分も楽しみながら、しっかり伝えられたらと思います」とコメントしている。

監督は映画「半落ち」「ツレがうつになりまして。」などを手がけた佐々部清が、脚本はドラマ「グッドドクター」などで知られる徳永友一が担当。百田と土屋以外のキャストは後日発表される。キャストの中には「全日本歌謡選手権」出身の歌手も含まれるとのことな……(中略)…… ングです!昭和歌謡の世界の中で、この二人がいったいどんな化学反応を起こすのか…今から楽しみで仕方ありません!

古き良き昭和の時代を描く中で、このドラマを見てくれた人達が【一歩を踏み出す勇気】を感じてくれたら嬉しいです。親・子・孫の家族3世代で楽しめる「約束のステージ」に是非ご期待ください!

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース