Twitter投稿の画像から指令を受けるマルウェア発見

Trend Microのセキュリティー専門家によれば、Twitterへの投稿画像を通じてハッカーから指示を受ける新種のマルウェアが存在するという。

マルウェア本体は比較的地味なものだ。基本的にRAT(Remote Access Trojan)であり、脆弱なコンピューターに潜み、スクリーンショットを撮るなどの方法を得る。盗み出したデータはマルウェアをコントロールするサーバーに送り返される。

興味ある点はこのマルウェアがマザーシップから指示を受けるチャンネルとしてTwitterを利用していることだ。

Trend Microのブログ記事によれば、マルウェアは作者のTwitterアカウントをフォローしており、画像にステガノグラフィー(電子迷彩技術)を利用してマルウェアへのコマンドを隠したツイートを2件発見したという。マルウェアは画像、コードの共有サイトPastebinから貼り付けられた画像を通じてマザーシップ・サーバーのURLを得ていた。これによりマルウェアは盗んだデータの送り先を知ることができたわ……(中略)…… lus.google.com/101029175393708888379/posts">Google+

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース