反田恭平、ニューアルバムのリリースが決定 レコーディング中のハプニングを乗り越えた末の、珠玉のアルバムが完成

クラシック界の若き異才である、反田恭平。2015年デビュー以来飛躍を続け、2018年7月からは『2018-2019リサイタル・ツアー』を、“オール・ベートーヴェン・プログラム”で全国19カ所で開催し、各地で熱狂を呼んだ。2019年1月からは“オール・ショパン・プログラム”でのソロツアーの開催を全国大都市で予定しているなど勢いを増す反田が、新たなアルバムを2019年2月にリリースする。

今回録音に臨んだのは「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番」。映画でも題材に取り上げられるほど、美しいメロディーとロマンティックな魅力に溢れ、また、難曲中の超難曲として知られるラフマニノフの代表曲だが、反田が2012年に高校在学中に史上最年少(当時)で優勝した「日本音楽コンクール」の決勝で演奏したのも、この「ピアノ協奏曲第3番」だ。反田恭平の名を世に知らしめた、反田にとっては“原点”でもある楽曲に、デビュー3年を経て改めて立ち向かう。

本アルバムの録音は、今年10月25~26日にモスクワのラフマニノフホールにてセッションレコーディングを敢行。レコーディングスタッフによると、今回の……(中略)…… パン・プログラム)1/11愛知県芸術劇場コンサートホール1/12福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)                 1/18東京オペラシティコンサートホール1/26福島市音楽堂1/27兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール            2/2札幌コンサートホール

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース