実力派ヴァイオリニスト、米元響子が語る デビュー20周年リサイタル―手稿譜で臨むイザイ

日本を代表するヴァイオリニストのひとりとして、充実した演奏活動を展開している米元響子。1997年のパガニーニ・コンクール(イタリア)で史上最年少となる13歳で入賞して以来、日本音楽コンクール、モスクワ・パガニーニ・コンクールでも優勝を飾るなど、確かな歩みを進めてきた。近年では、オランダのマーストリヒト音楽院で教授として後進の指導にも当たっている。今年、デビュー20周年を迎えた彼女は、来春3月2日(土)に浜離宮朝日ホールで『デビュー20周年記念 米元響子 ヴァイオリン・リサイタル』を控えている。

今回のプログラムでは、ベルギーの作曲家イザイとモーツァルトをメインに据えた。イザイといえば六つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタで有名だが、今回は米元がイザイの故郷リエージュで出逢った自筆譜を基にしたバージョンを聴かせる。モーツァルトのヴァイオリン・ソナタでは、2002年にモーツァルト国際コンクールで優勝し、随一のモーツァルト弾きと評判の菊池洋子を迎える。国際的に活躍する2人が、挑戦と好奇心の息づいた「一期一会」を約束する。リサイタルに向けた意気込みを米元に聞いた。

デビュ……(中略)…… >

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第40番 変ロ長調 K. 454

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第42番 イ長調 K. 526

■チケット料金:全席指定 ¥5,000

■主催:朝日新聞社/ジャパン・アーツ■協力:キングインターナショナル

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース