秦基博とあいみょん、小松菜奈×門脇麦「さよならくちびる」の劇中曲書き下ろし

秦基博とあいみょんが、小松菜奈と門脇麦が出演する映画「さよならくちびる」の劇中曲を書き下ろした。

「さよならくちびる」はインディーズで活躍する女性ギターデュオ・ハルレオとその付き人・シマの関係を描く作品。レオを小松、ハルを門脇、そしてシマを成田凌が演じる。

このたび秦は本作と同名の主題歌「さよならくちびる」、あいみょんは挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」を制作し、劇中では小松と門脇がこれらの楽曲をギターで演奏し歌っている。2人の歌声を聴いた秦は「飾らない真っ直ぐな歌声によって『さよならくちびる』という曲は完成するのだと改めて感じました」とコメント。あいみょんは「たちまち嵐」について「楽観的だけど、芯のある楽曲をイメージしました」、「誰にだって訳がある」に関して「沢山の感情を背負って心臓を走らせ生きているハルとレオに、少し訳ありの歌を作りたいと思いました」と語っている。なお映画「さよならくちびる」は5月に全国公開される。

秦基博 コメント

最初に頂いた脚本にあった「さよならくちびる」という塩田監督の言葉を元に、
小松菜奈さん……(中略)…… オ、そしてシマの3人がよりいっそう生き生きと動き出したのを感じました。そしてまた、塩田監督の繊細な演出によって、楽曲が3人の揺れ動く心に重なり合い、音楽と物語がひとつに結びついたのです。お二人の楽曲なしにはこの映画は成立しません。この奇跡のような映画と音楽のタッグを、ぜひ劇場でご覧頂ければと思います。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース