#斉藤和義 の歌がキューバテイストに! レストランでの衝撃的な音楽体験とは #jwave #フルマ

J-WAVEで放送中の番組『FRUIT MARKET』(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「TRAVEL LOVERS」。12月8日(土)のオンエアでは、斉藤和義さんが登場。もう一度行ってみたい旅先・キューバについてのエピソードを訊きました。

斉藤さんは、ギタリストのマーク・リーボウ(Marc Ribot)のアルバム『Marc Ribot Y Los Cubanos Postizos(マーク・リーボウと偽キューバ人たち)』が好きで、12年ほど前にキューバを訪れました。

斉藤:いわゆる旧市街と新市街っていうのがあって、旧市街はみんながイメージする古い「アメ車」ばっかり走っていました。街中がめちゃくちゃガソリン臭かったりします。レストランでは必ず「ハコバン」(レストランなどで演奏する人たち)が入っていて、みんなマイクも使わないでそのまま生演奏をやってるんです。

斎藤さんはそういう場所に何日か通い、あるバンドと仲良くなりました。

斉藤:「自分もギターを弾くんだよ」みたいな話をすると、「じゃあやってみて」と言わ……(中略)…… 毎週土曜 15時−17時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース