青島広志『世界まるごとクラシック 2018』が開幕! 来年2月には、大阪・名古屋へ【公演レポート】

テレビや本でお馴染みの作曲家、青島広志。彼の軽妙でユーモア溢れる解説と、シアター オーケストラ トーキョーとの息の合った演奏で、毎回、人気のコンサート『世界まるごとクラシック』が今年11年目を迎えた。今年は、『世界まるごとクラシック2018~この先10年よろしくお願いします』と題され、東京公演が11月23日(祝)、東京国際フォーラム・ホールAで行われた。クラシック音楽の醍醐味を余すことなく堪能できるように選ばれた、バラエティーに富む名曲の数々を気軽に楽しめる。来年2月には、大阪と名古屋での公演を控えている。

楽しいトークと名曲の調べ

さわやかな秋晴れに恵まれた会場には、開演前から多くの観客が詰めかけていた。小さな子ども連れの家族から年配の方まで、世代、性別を問わない幅広い層からの人気を集める。中には、10年前から通い続ける熱烈なリピーターもいると聞いた。

開演のベルが鳴り、シアター オーケストラ トーキョーの楽員、そして青島が颯爽と登場。舞台の両サイドに設置された大型スクリーンを通して、青島や演奏家の表情を見られるのも、このコンサートの魅力である。 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース