神戸市が国内外のスタートアップを強力支援する「500 KOBE ACCELERATOR」

神戸市と500 Startupsが組んだアクセラレーションプログラム「500 KOBE ACCELERATOR」のデモデイが12月11日、東京・御茶ノ水で開催された。500 KOBE ACCELERATORとは、神戸から世界へはばたくスタートアップのためのアクセラレーションプログラム。500 Startups500は、シリコンバレーを拠点に世界60カ国1800社以上に投資するシードベンチャーキャピタルで、神戸市との取り組みは今年で3年目となる。

500 StartupsマネージングパートナーのBedy Yang(ベディ・ヤン)氏

最初に、500 StartupsマネージングパートナーのBedy Yang(ベディ・ヤン)氏が登壇。神戸市との取り組みについて語った。500 Startupsは、各国の行政関係者と仕事をすることが多いが、神戸市はエコシステムを含めた変革について非常に理解があると語った。

500 KOBE ACCELERATORの責任……(中略)…… ス「GPU EATER」を提供。AWSのGPUインスタンスコストを最大80%削減できるほか、同社のサービスを利用することで最大で1.5倍のパフォーマンスアップを見込めるという。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース