音声インターフェイスについて思う7つのこと

今後数年間のうちに、私達は音声による自動化が生活の多くの側面を担うところを見るようになるだろう。音声が全てを変えてしまうわけではないが、私たちがデバイス、スクリーン、データ、そしてインタラクションに対する関係を考える際に、新しいやりかたを示唆するものの一部となるだろう。

私たちはアプリケーション指向から、タスク指向へと変わっていく。個々のアイテムを意識する程度は減り、デバイスエコシステムの集合的な体験の中に暮らすことになるだろう。私たちはデバイスたちが競う個別のスペックを気にするのではなく、それらが可能にする体験そのものを楽しむことになる。

その新しい世界では、個別のデバイスに対していちいち指示を出すような煩わしさから解放されていることを期待したい。

音声が何かを殺すことはない

テクノロジーがやってくるとき、一般的には置き換えではなく拡大が行われる。テレビはラジオを殺さなかったし、VHSやストリーミング動画は映画館を殺さなかった。電子レンジは、コンロにとって変わることはなかった。

……(中略)…… /06/7-things-to-think-about-voice/" rel="noopener">原文へ](翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース