音楽レーベルはライセンス契約を再考する時代に。Bandcampがディストリビューション機能を強化

インディーズアーティストやプロデューサー、レーベル向けに、ファンへのコンテンツ配信を支援するオンライン音楽サービス「Bandcamp」は、ライセンス機能を強化している。

Bandcampは新たに「テリトリー・ライセンス」機能を、レーベル・アカウントおよびProアカウントユーザー向けに提供開始した。この機能は、レーベルやアーティストが国外で作品をリリースする際の「テリトリアル・ライセンス」を実現可能にする。

コンテンツを配信するレーベルは、各国のディストリビューション・パートナーにコンテンツを販売するライセンスをBandcampの設定画面上からワンクリックで付与することができる。他地域での購入が実現した際には、ディストリビューションパートナーと売上を分配するレベニューシェアが行われる。

通常であればライセンス手続きに要する時間や同意するまでの手間がかかる。Bandcampの新機能ではこれらの負荷を減らせるため、レーベルはリリースタイミングを見逃すことなく、ディストリビューションの地域を拡大できるメリットがある。

当然ながら、自……(中略)…… m/2018/09/27/territory-licensing-comes-to-bandcamp/" target="_blank" rel="noopener">Territory licensing comes to Bandcamp (Bandcamp)

記事の全文を読む⇒(All Digital Music) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース