トランプのサイバーセキュリティ顧問ジュリアーニはサイバー無知

政治家はテクノロジーをわかっていない劇場の最新版に、ようこそお帰り! 今回のゲストは、元ニューヨーク市長で現在トランプ政権でサイバーセキュリティアドバイザーを務める、ルドルフ・ジュリアーニ。

ルドルフ・ジュリアーニはTwitterやインターネットが分かっていない。

ジュリアーニが不注意でトランプを批判するウェブサイトへのリンクをツイートしただけでも十分当惑ものだが、しかし今、「Twitterは、誰かがロクでもない反大統領メッセージで私のテキストを侵害することを許した」と主張して、サイバー無知をさらに披露している。

何が起こったのか知らないで、ジュリアーニはTwitter内で明らかに反共和党の偏向があると決めつけてしまった。このTwitter非難の内容は、トランプと他の共和党員が証拠もないのに強固に主張したものだ。

「彼らは本当の反トランプではない、なんて言わせない」とジュリアーニは加えている。繰り返そう。誰がホワイトハウスのサイバーセキュリティアドバイザーなんだ。

原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース