高齢者を家族や社会と繋げる“コンパニオン”ロボット「ElliQ」日本参入へ

イスラエルに拠点を持ちカリフォルニアにもオフィスを構えるIntuition Robotics(インテュイション・ロボティクス)は11月27日に開催されたジャパン・イスラエル・イノベーションサミット2018にて日本市場参入への意向を示した。

Intuition Roboticsは2016年に設立されたスタートアップだ。同社は高齢者のお友だちロボット(active aging companion)「ElliQ(エリーキュー)」を開発していることで知られている。2019年には日本市場に参入し、2020年には日本向けにローカライズされたElliQの発売を目指すと同社CEOのDor Skuler氏はTechCrunch Japanの取材に対し話した。

Dor Skuler氏

「私たちの投資家の多くは日本人だ。これは偶然ではない。設立当初から日本でのパートナーを探していた。日本参入が私たちにとって大きなチャンスであるのは明らかだ。プロダクトも間もなく完成するし、そろそろ日本向けのローカ……(中略)…… Robotics。Skuler氏は「ElliQは音楽やビデオなど多くのコンテンツを扱うため、日本でメディアやコンテンツプロバイダーとパートナーシップを締結していく必要もある」と話していた。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース