Google Pixel Slateレビュー:プレミアムタブレットのハードウェアがOSの課題を浮き彫りにする

最初に、製品レビューというものの秘密をちょっとだけ暴露しよう。それは、すべての製品を日常生活の中に組み込みたいと考えても、それは不可能だということだ。特に、ここで扱っているような数をこなさなければならいときは、なおさらだ。しかし、ときには運命的な機会というものもある。2週間のアジア旅行の直前になって、GoogleがPixel Slateを発送してよこした。

これは、製品を徹底的にテストするのに究極的な最善の機会だ。見知らぬ土地で、見知らぬ人になって、まだ慣れていない製品と格闘しなければならないのだから。Googleの新しいコンバーチブル型のマシンは、2つの国と1つの自治領を旅してきた。ネオンが輝き、マリオカートが道路でレースをしている秋葉原から、深センのガジェット市場、そしてシャワールームがトイレになっていて、夜中に家主がドアをドンドン叩いて宿賃を要求するような、香港のChunking Mansionsの密集したホステルにまで運び込まれた。

それは、ほんの数年前ならよろこんでモルモットになったような類の体験ではなかった。Google製のOSは、最初の……(中略)…… ixel-slate-review/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース