【映画の日】ロケニュー記者がオススメする『最高だった映画2018』10タイトル →「ボヘミアン・ラプソディ」「カメラを止めるな!」など

ついに2018年も残り1カ月となった。冬季オリンピックにサッカーW杯、暗いニュースに目を向ければ、オウム真理教の元代表・麻原彰晃(松本智津夫)の死刑執行などなど様々なことがあったが、みなさんはどんな出来事が印象に残っているだろうか? 2018年という年があなたにとって素晴らしいものであったことを願いたい。

さて、本日12月1日は「映画の日」だそうだ。そこで今回は、今年公開された数えきれないほど多くの映画作品の中から、ロケットニュース24の記者がオススメする『最高だった映画2018年版』をお届けしよう。

・有名タイトルがズラリ

1896年11月25日、神戸にて日本で初めて映画が一般公開されたことを記念して制定された「映画の日」。11月25日ではなく12月1日が記念日になったのは「会期中のきりの良い日を選んだから」らしい。け、結構適当なんですね……!

それはさておき、以下でロケニュー記者たちがオススメする『2018年に公開された最高の映画』を10タイトルご紹介しよう。やはりというべきか、多くの有名タイトルが名を連ねているぞ。今日は何の日Report:P.K.サンジュンPhoto:RocketNews24.

記事の全文を読む⇒(ロケットニュース24) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース