【レポート】「冨田勲 映像音楽の世界~Sounds of TOMITA~」冨田勲メモリアルコンサート~特撮・アニメ・映画音楽特集~、TV放送も決定


金属恵比須・高木大地の<青少年のためのプログレ入門> 番外編


冨田勲の作曲した特撮・アニメ・映画音楽をフィーチャーした「冨田勲 映像音楽の世界~Sounds of TOMITA~」というメモリアルコンサートが2018年9月に開催された。なお、この模様の一部は2018年11月10日(土)23:30からBSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」で紹介されるので、ぜひ視聴いただきたい。

冨田勲といえば、筆者は、小学校時代からシンセサイザー音楽の大御所として聞き馴染んではいたものの、実のところ作曲家としての一面を軽視していた。

それが2年前、「決定版 大河ドラマ全曲集」を購入したきっかけで印象ががらりと変わった。1983年放送の「徳川家康」のオープニングテーマに衝撃を受けた。NHK交響楽団と合唱隊(慶應義塾ワグネル・ソサィエティー)の演奏を支えるのが自動演奏装置「シーケンサー」(ローランド製のMC-8という機材)。そして、打ち込みと思われるドラム音。これが冨田のペンによるものだった。

今でこそオーケストラとシン……(中略)…… 罪つくりなひと10. 大澤侯爵家の崩壊11. 月澹荘綺譚 

■金属恵比須 メンバー:稲益宏美  ヴォーカル栗谷秀貴  ベース後藤マスヒロ  ドラム(元・頭脳警察、人間椅子)髙木大地  ギター宮嶋健一  キーボード 

<数量限定!!角川文庫「武田家滅亡」付きセット>あり

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース