Abbyyがスキャンとワークフローに新たな命を吹き込むためにRPAに目を向けた

Abbyyは長い間スキャンやワークフローツールを使って企業を助けてきたが、古いベンダーたちと同様に、従来のビジネスモデルを拡張する方法を模索していた。そうするための手段の1つが、UIPathのようなRPA企業とチームを組むことだ。本日同社は、UiPath Go!アプリストア内で、Abbyy FlexiCapture Connectorの提供を開始したことを発表した。

AbbyyのプロダクトマーケティングシニアバイスプレジデントであるBruce Orcuttによれば、このコネクタはコンテンツをUIPathに取り込んだり、Abbyyからコンテンツを取り出してそれをUIPathの他の自動ワークフローへと送り込むことができる。

UIPathは最近絶好調である。ちょうど2ヵ月前には、30億ドルの評価額の下に、2億2500万ドルのシリーズC投資をクローズした。同社はたった21ヶ月で、年間売上高が100万ドルから1億ドルに成長することができた。資金調達時に記事として書いたように、「(UIPathは)企業が既存のシステム……(中略)…… el="noopener">原文へ](翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース