PwCは1億ドル規模の本気の社員教育でデジタル・ディスラプションを回避する

今、あらゆる業界が頭を抱えていることだが、大手会計事務所もデジタル・ディスラプションの圧力を受けている。しかし、PwCは、次世代の仕事に従業員を対応させるためのデジタル・アクセラレーター・プログラムを採り入れ、積極的に対処している。

PwCの実施方法は、単に新しい教育素材を配って、それでおしまいというものではない。従業員には18カ月から2年の期間が与えられ、新分野に関する学習に専念できるようにしている。その間、従業員は、就業時間の半分を新しいスキルの勉強に割り当て、残りの半分を、実際にクライアントと仕事をしながら新しい知識を試してゆく。

このプログラムの責任者としてPwCのデジタル能力指導を行っているのはSarah McEneaneyだ。コンサルティングを行う企業として、すべての従業員への新しいスキルセットの提供に力を注ぐことが大変に重要であると、彼女は話している。そのためには、従業員と真剣に向き合い、一連の最新テクノロジーに集中しなければならない。彼らが的を絞ったのは、データと解析、自動化、ロボティクス、AIと機械学習だ。

Const……(中略)…… " rel="noopener">原文へ](翻訳:金井哲夫)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース