テオドール・クルレンツィス × ムジカエテルナ、初来日公演を2019年2月に開催

 ギリシャ出身の鬼才指揮者テオドール・クルレンツィス(Teodor Currentzis)率いるムジカエテルナが、初の来日公演を2019年2月に開催。2019年2月10日(日)東京・渋谷 Bunkamuraオーチャードホール、11日(月・祝)東京・錦糸町 すみだトリフォニーホール、13日(水)東京・赤坂 サントリーホールの3公演が発表されています。

 曲目はオール・チャイコフスキー・プログラム。2月10日(日)、11日(月・祝)の公演ではアルバム『チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲, ストラヴィンスキー: 結婚』(SICC-30254 2,600円 + 税)で共演したヴァイオリニストのパトリツィア・コパチンスカヤ(Patricia Kopatchinskaja)がソリストに迎えられます。2月27日(火)には、東京3公演のS席をまとめたセット券が発売。購入者には先着100名限定で、2019年2月10日(日)Bunkamuraオーチャードホールの終演後に行なわれるパーティへの招待特典を用意。

 クルレンツィスは、ロシアの名興行師セルゲイ・ディアギレフ(Sergei Di……(中略)…… ートレート〈テオドール・クルレンツィス〉」 原題「Currentzis - The archetype of myself」監督 クリスティアン・ベルガー / 制作 2016年 / 字幕 / 約54分

主催: すみだトリフォニーホール / Bunkamura / KAJIMOTO

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース