THE BACK HORNレコーディング現場を住野よるが密着レポート

THE BACK HORNと小説家の住野よるによるコラボプロジェクトから誕生した楽曲「ハナレバナレ」の配信が本日9月13日にスタート。これにあわせてプロジェクトのサイトにて、レコーディングの密着レポートが公開された。

住野よるアイコン

レポートのテキストは住野が執筆しており、彼がレコーディング現場に潜入しその様子を紹介。当日の時系列に沿って、楽曲が作り上げられていく過程をつづっている。

またコラボプロジェクトから生まれた住野の小説「この気持ちもいつか忘れる」は、9月20日発売の「週刊新潮」にて連載がスタートする。

THE BACK HORN コメント

物語は僕らに生きる力を与えてくれます。
味わった事のない感動をくれます。
住野よるさんの小説とTHE BACK HORNの音楽が呼吸し合い、新たな想像力の可能性を見つける旅が始まりました。
これからどんな景色を皆さんと一緒に見れるのか心から楽しみです。
境界線を越えたその先で沢山の……(中略)…… もいつか忘れる」という小説が描くテーマであり、今回のプロジェクトそのものが目指すテーマでもあると思っています。住野よるとTHE BACK HORNの間にある境界線だけではなく、小説と音楽と、小説が好きな人と音楽が好きな人と、その全ての間にある境界線を越えたい。容易ではありませんが、実現を夢見ています。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース