日本は「生活貧困」の国…男女差別が生み出す、社会の問題点 #jwave #ohayomorning

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。8月20日(月)のオンエアでは詩人・社会学者の水無田気流さんをお迎えして、セクハラや性差別などに端を発する日本が抱える問題について伺いました。

水無田さんは詩集『音速平和』で第11回中原中也賞を受賞、また國學院大學経済学部教授で、専門は文化社会学ジェンダー論です。

■#MeToo問題、欧米と日本では状況が違う?

今回は水無田さんに社会学者として、ハリウッド発の「#MeToo」など、昨年から大きく注目されているセクハラ問題について伺いました。セクハラ問題は昔からあったものの、なぜ現在大きく再び注目されているのでしょうか。また日本と海外での違いはあるのでしょうか。

水無田:「昔からセクハラがあった」というのはその通りですが、「それはしかたがないことだ」「個人的に対処すればいいことだ」と多くの人たちが考えていたのが、「不当なことだ、声をあげ……(中略)…… NING RADIO』放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース