アイドル腕相撲に大番狂わせ!ハコムス我妻桃実が絶対王者を倒して頂点に

8月3~5日に東京・お台場 青海周辺エリアで国内最大級のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」が開催された。ここでは2日目に行われたアイドルによる腕相撲対決「アームレスリング大会 powerd by TOWER RECORDS ザ・感謝祭」にスポットを当ててレポートする。

前回大会の様子。

「アームレスリング大会Powered byTOWER RECORDSザ・感謝祭」は、タワーレコード内レーベル所属のアイドルによるライブイベントから生まれた名物企画の出張版。アイドルたちが世界アームレスリング連盟の公式リングを使い、トーナメント形式で頂点を目指す。2014年12月、ライブイベント「T-Palette感謝祭 2014」内で行われた第1回大会ではアップアップガールズ(仮)の森咲樹が初代チャンピオンに。第2回大会も連覇した森だったが、2017年1月の「TOWER RECORDS presents ザ・感謝祭 2017 新春」では3連覇を果たしたにも関わらず、突然乱入した元アイ……(中略)…… 勝利のゴングを聞いたハコムスメンバーは我妻に飛び付き、涙を流してリーダーの大金星を喜び合った。ここまでポテンシャルのみで頂点に立っていた酒井は初黒星を喫してアームレスリングから引退することに。ベルトを巻いた我妻の姿に再びオイオイと悔し涙を流した森は、酒井に「来年も出てください!」とリベンジを懇願した。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース