キズナアイ、狐娘、げんげん……王道から異色まで押さえたバーチャルYouTuberの可能性

 HIKAKIN、はじめしゃちょー、木下ゆうかなど、年々勢いを増しているYouTuber界隈。その中でも昨年12月頃から新たなジャンルとして注目を集めているのがバーチャルYouTuberだ。

 従来のYouTuberの動画コンテンツといえば、映像制作者自らが登場し、ゲームやメイク、やってみた系といった様々な企画を実践していくというもの。バーチャルYouTuberの動画とは、その名の通り生身の人間ではなく、架空のキャラクターが登場して企画へ挑戦するものを指す。百聞は一見にしかずということで、まずは実際に映像を見てもらうのが分かりやすいだろう。

[embedded content]【人工知能】「Quick,Draw!」とお絵描き対決!

 バーチャルYouTuberの中でも、今一番知名度を高めているのがキズナアイ。2016年12月1日に動画配信を開始し、1周年記念である昨年12月にアップした動画が爆発的にヒット。すでにチャンネル登録者数が140万人を超えており、今もなお勢いを伸ばし続けている。

 歴史を辿ると、2011年に登場したバーチャルブロ……(中略)…… .tokyo/46945/">かわいいは心のATフィールドを取り払う 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」独占インタビュー(後編))このように架空のキャラクターとコミュニケーションを取る感覚は、従来のキャラクターコンテンツが持つ可能性を拡張したと言えるだろう。

記事の全文を読む⇒(リアルサウンド) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース