ヴァイオリニストのダニエル・ロザコヴィッチ、J.S.バッハ作品を収めたソロ・デビュー盤を発表


■2018年6月8日(金)発売
ダニエル・ロザコヴィッチ
『バッハ: ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番』
UCCG-1797 2,800円 + 税

[収録曲]
J.S.バッハ:
01. ヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲第2番ホ長調BWV1042
02. ヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲第1番イ短調BWV1041
03. 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BWV1004

[演奏]
ダニエル・ロザコヴィッチ(vn) / バイエルン放送交響楽団室内管弦楽団

[録音]
2017年10月 グリューンヴァルト(01, 02)
2017年11月 ベルリン(03)

記事の全文を読む⇒(CDJournal)……(中略)…… 第1番イ短調BWV104103. 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BWV1004

[演奏]ダニエル・ロザコヴィッチ(vn) / バイエルン放送交響楽団室内管弦楽団

[録音]2017年10月 グリューンヴァルト(01, 02)2017年11月 ベルリン(03)

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース