デビッド・マシューズ、エディ・ゴメス、スティーヴ・ガッドによるトリオが新作をリリース

 演奏活動のみならず、日本国内のジャズ・フェスティヴァルやアーティストのプロデュースなどでも知られるピアニスト / アレンジャー、デヴィッド・マシューズ(David Matthews)が、エディ・ゴメス(b)、スティーヴ・ガッド(dr)をメンバーに迎え、ニューヨーク録音のニュー・アルバム『Sir,』(KICJ-782 3,000円 + 税)を6月6日(水)にリリース。

 マシューズは1970年代初頭にジェイムス・ブラウン・バンドのアレンジャーとして活躍し、1975年にはポール・サイモン『時の流れに』を手がけて〈グラミー賞〉編曲賞を受賞。以降もジョージ・ベンソンやサイモン&ガーファンクル、ビリー・ジョエルらの編曲を担当し、プラチナ・ディスクを数多く獲得。80年代はマンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)〜マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)で活動し、2014年にはMJO初の日本でのスタジオ録音盤『ボレロ』を発表しているほか、2017年にはMJQで3ヵ月連続でアルバムをリリースするなど、精力的に活動しています。

 ガッドとゴメスはかつてMJQのメンバーとしてマシ……(中略)…… Love You04. Stella By Starlight05. A Felicidade06. 'Round Midnight07. Get Over It08. Comin' Home Baby09. The Meaning Of The Blues10. See You Again

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース