アリス=紗良・オット、メジャー・デビュー10周年記念アルバム『ナイトフォール』をリリース

 ドイツ人の父と日本人の母のもと独ミュンヘンで生まれ、ベルリンを拠点に世界で活躍するピアニストのアリス=紗良・オットが、「ドイツ・グラモフォン」からのメジャー・デビュー10周年を記念し、最新アルバム『ナイトフォール』(限定盤 SHM-CD + DVD UCCG-90807 3,500円 + 税 / 通常盤 SHM-CD UCCG-1808 2,800円 + 税)を8月24日(金)に全世界同時リリース。また、9月には日本でのリサイタル・ツアーも開催します。

 本作はアリス初の小品集。ドビュッシーの「月の光」やサティの「ジムノペディ第1番」といった聴きなじみのある作品を収録した、フランスのピアノ作品名曲集です。アルバム・タイトルの“ナイトフォール”は“夕暮れ”を意味し、それぞれの楽曲に“光と闇”“夢と現(うつつ)”といったイメージを対比させ、相反するイメージと感情を描いています。

 9月のリサイタル・ツアーでは、本作の収録曲にショパンを加えたプログラムを予定。9月15日(土)の埼玉・川口総合文化センター リリア音楽ホールを皮切りに、大阪・フェスティバルホールや東京オペラシテ……(中略)…… 渋谷 NHKホールwww.nhkso.or.jp/concert/concert_detail.php?id=799

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース