ウンスク・チンが審査員を務める〈2018年度武満徹作曲賞〉受賞者決定

 ウンスク・チン(Unsuk Chin)が審査員に迎えられた、東京オペラシティの〈2018年度武満徹作曲賞〉。世界40ヵ国143作品から譜面審査で選ばれた4作品が、5月27日(日)の本選演奏会で杉山洋一指揮東京フィルハーモニー交響楽団によって演奏され、受賞者が決定。受賞者とその作品は、第1位がバーナビー・マーティン(Barnaby Martin, イギリス)「量子」(賞金100万円)とパウロ・ブリトー(Paulo Brito, ブラジル / アメリカ)「STARING WEI JIE TO DEATH 〜シンフォニック・エヴォケーション、中国の故事による」(賞金80万円)、第2位がルーカス・ヘーヴェルマン=ケーパー(Lukas Hövelmann-Köper, ドイツ)「量子真空」(賞金60万円)とボ・リ(Bo Li, 中国)「SLEEPING IN THE WIND」(賞金60万円)となり、第1位と第2位が2名ずつの結果となりました。

 より創造的な音楽文化の可能性を育むため、東京オペラシティ文化財団が世界の次代を担う若い世代に新しい音楽作品の創造を呼び掛ける〈武満徹作曲賞〉。た……(中略)…… 18年度武満徹作曲賞 本選演奏会NHK-FM「現代の音楽」毎週日曜 8:10〜9:002018年6月17日(日)、6月24日(日)放送予定www4.nhk.or.jp/P446

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース