ロバート・グラスパーらによるR+R=NOW、BillboardLive TOKYOで単独公演開催決定

 ロバート・グラスパー、テラス・マーティンを中心に“時代の音楽を創造する”という使命を共有するスーパー・バンド“R+R=NOW(アール・プラス・アール・イコールズ・ナウ)”が、すでに発表されている8月29日(水)・30日(木)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、9月1日(土)東京・渋谷 NHKホールで開催される〈東京JAZZ〉出演に加えて、8月28日(火)東京・六本木 Billboard Live TOKYOにて単独公演を開催します。

 デビュー・アルバム『コラージカリー・スピーキング』(UCCQ-1085 2,500円 + 税)を6月15日(金)にブルーノートからリリースするR+R=NOW。結成時から話題騒然のこのユニットは、ケンドリック・ラマー、カニエ・ウェスト、エリカ・バドゥ、コモンらの作品に貢献するグラスパーとマーティンの両者に加え、トランペッターのクリスチャン・スコット、ベーシストのデリック・ホッジ、マルチ・インストゥルメンタリストのテイラー・マクファーリン、そして、昨年のロバート・グラスパー・エクスペリメントのツアーにも参加したドラマーのジャスティン・……(中略)…… 64">ジャスティン・タイソンが参加。ジャズ / ヒップホップ / R&B / ソウル / レゲエなど様々なジャンルの要素を自在にミックスし昇華させた現代ジャズ・シーンを代表する6名が結成したスーパー・プロジェクトによる初来日公演です。

[embedded content]

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース