エリック・シュミットが、イーロン・マスクはAIについて「完全に間違っている」と語った

Googleの元CEOであるエリック・シュミットが、AIに対するイーロン・マスクの警告について意見を求められたときの答は簡潔なものだった:「私はイーロンが完全に間違っていると思っています」。

「彼は、この技術があらゆる人間を賢くするために提供してくれる利点を、理解していないのです」とシュミットは語った。「この問題における事実は、人工知能と機械学習は人類にとって根本的に良いことだということなのです」。

シュミットは技術が悪用される危険性があることは認めているが、メリットのほうが勝っていると語った。「例えば、邪悪な人たちによって悪用される可能性があるからと言って、電話を発明するのはやめるでしょうか?いいえ、それでも電話を作り、電話の悪用を取り締まる方法を見つけようとする筈です」。

マスクと科学者スティーブン・ホーキングが表明したAIに関する懸念に対して過去にも反論してきたシュミットは、本日(米国時間5月26日)パリのViaTech会議のステージ上でインタビューを受けた。

彼は昨年の12月にはGoogleの親会社Alphabet……(中略)…… -exactly-wrong/" rel="noopener">原文へ](翻訳:sako)

写真: Michel Porro TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース