アート業界騒然…政府が構想する「リーディング・ミュージアム(先進美術館)」とは?【東浩紀×津田大介】 #jwave #jamtheworld

J-WAVEで放送中の番組『JAM THE WORLD』(ナビゲーター:グローバー)のワンコーナー「UP CLOSE」。5月21日(月)のオンエアでは、月曜日のニュース・スーパーバイザー、津田大介が登場。作家・思想家の東 浩紀さんをお迎えし、現在ネット上の、特にアート業界関係者を騒がせている「リーディング・ミュージアム(先進美術館)」問題について話しました。

■「リーディング・ミュージアム」の目的と問題点

先日、政府が国内の美術館や博物館の一部を、アート市場活性化に先進的な役割を果たす「リーディング・ミュージアム(先進美術館)」として指定する制度を創設する検討に入ったと読売新聞が報じました。政府が6月に策定する成長戦略にも反映させ、来年度にも実現することを目指しているそうです。

「リーディング・ミュージアム」に指定された美術館や博物館には国から補助金が交付され、学芸員の体制を強化。そのうえで所蔵する美術品などを価値付けし、残すべき作品を判断しながら、投資を呼び込むために市場に売却する作品を増やす。これによりコレクターの購買意欲を高め、ア……(中略)…… ・火・水・木曜 19時−21時オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース