Essentialが次期スマホの開発中止、身売り検討か。アンディ・ルービン「売れる製品に集中するため」

「Androidの父」として知られるアンディ・ルービン氏率いるEssential Productsが、わずか1年ほどでスマートフォン販売の中止を検討していると報じられました。ルービン氏本人はスマートフォンからの撤退を明言していないものの「より大きな売上げが期待できる製品に集中するため、いくつかの製品をキャンセルすることもある」とツイートしています。

Essentialといえば2017年5月に発表した「PH-1」は、 “ノッチつき狭額ディスプレイ” を搭載したスマートフォンのはしりとも言え、チタンやセラミックを奢った高級機種としても消費者からの羨望を集めました。

しかし、その初期モデルにはタッチスクリーンの不具合があったり、また発売時の価格が699ドル(現在は499ドル)とAndroidスマホとしてはかなり高価だったこともあり、商業面で成功したかと言えば、意見の分かれるところかもしれません。伝えられるところでは、累計販売台数は少なくとも15万台とされます。

Bloombergによると、Essentialは現在、PH-1とカメラアクセサリー……(中略)…… anese.engadget.com/2018/05/25/essential/" rel="noopener noreferrer">Engadget 日本版からの転載。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース